伝熱

Kadant は、Goslin 製品から受け継いだ技術と 125 年にわたって蓄積された設計と構築の経験を活かして、エネルギー効率の高い回収システムの運用を目的とした、費用効果の高い包括的なソリューションを提供します。当社の専門知識により、液体乾燥固形分の生産性の向上、水溶性スケールの排除(結果として可用性の向上につながります)、高品質の凝縮液の回収が可能になります。さらに、Kadant は経験豊富なフィールドサービスチームをお客様の元に派遣して、年度停止、機器の修理、プロセス監査、およびアップグレード定義をサポートし、蒸発プラントとその関連プロセスのパフォーマンスの最適化を保証します。

薄膜流下式エバポレーター

Kadant のエバポレーターは、第 1 臨界固形分 (45 ~ 55%TS) 未満の液体濃度に最適で、泡立ちを抑えるように特別に設計されています。エバポレーターには、特別なバッフルと当社独自のクロスフロー、シェルサイド設計が採用されており、操作の柔軟性の向上と凝縮液分離の効率化につながる優れたターンダウン性能が特徴的です。
Falling Film Crystallizers

落下膜晶析装置

臨界固形分を上回る潜在的に重いスケーリング用途の場合、Kadant 落下膜晶析装置は再循環率を (過飽和度を低くするために) 高め、大量の液量を (滞留時間と結晶成長のために) 使用します。これにより、伝熱面のスケールとしてではなく、液中の結晶としてナトリウム塩の沈殿が生成されます。オンライン洗浄機能により、濃縮器のボイルアウトは完全に不要になります。

強化型強制循環型結晶化装置

高固形分の黒液を処理するためのもう 1 つのオプションは、乱流の増加によって再循環率を下げ、熱伝達性能を向上する、強化された強制循環型結晶化装置です。この技術は、極めて粘度の高い液体を処理する場合、または異常な汚れやスケーリングの傾向を示す場合に特に有効です。従来の強化されていない結晶化装置に強化技術を簡単に適用するだけで、消費電力を削減し、液体の乾燥固形分を増やし、ボイルアウト間の時間を長くすることができます。
Cross-Flow™ Condensers

Cross-Flow™ コンデンサー

Kadant の Cross-Flow コンデンサーは、チューブバンドル全体の蒸気の流れが独自のパターンになるように設計されており、全体の圧力降下を最小限に抑え (従来の蛇行設計よりもはるかに低くなります)、蒸気損失を減らして最適な NCG(非凝縮気体) 除去を可能にします。さらに、Cross-Flow 設計により、最適なメタノールと汚れた凝縮液の収集が可能になり、過負荷状態でも柔軟に収集できるようになります。

ソリューションサポート

当社の技術サービスチームとサポートチームは、常にお客様と共にあります。お客様のシステムの計画、設計、エンジニアリング、設置、立ち上げ、および継続的なサポートに関するガイダンスを提供します。

要請情報









Kadant
© Kadant Inc.