Kadant Lamort SAS

フランス、ヴィトリー
フランスのヴィトリー・ル・フランソワに拠点を置くKadant Lamort SASはバージン紙と再生紙の原料調製、水管理、廃棄物除去、セルロースのミクロフィブリルに使用される機器の設計と製造を行う、繊維加工およびリサイクル機器の大手サプライヤーです。

Kadant Lamort のテクノロジーセンターには、最新のラボとパイロット施設が併設しています。当社では、製紙原料加工、リサイクル、およびその他のさまざまな種類の紙のリサイクル、破砕処理、水管理、および廃棄物除去を技術的専門知識として扱っています。試験は、工場固有のニーズに合わせて計画され、パイロットプラントの環境で、産業サイズの機器を用いて実行されます。これまでに、2,000 回以上の試験が実施されています。また、原材料が持つポテンシャルの評価とリサイクル性の試験に関する専門知識が提案されています。技術センターでは、MFC(マイクロフィブリル化セルロース) を生産するパイロットプラントとコーティングを施す溶射ロボットが稼働しており、製紙やバイオマテリアルにおける MFC のバリア特性と利点の研究を進めています。

Kadant Lamort SAS

Kadant Lamort SAS
39, rue de la Fontaine Ludot, C.S. 30046
Vitry-le-Francois cedex, 51302
+33-(0)-3-26-74-80-80

Kadant
© Kadant Inc.